セシル=ディモン編

スナイパーDOP(SN)について



■ステータス

e0067023_19542512.gif

ベース経験値 100,000 ジョブ経験値 118,260
Lv82 人中 風3 HP58900
DEF25+27 MDEF15+32 Atk1226-1854 
必中247(537) 95%回避291(723) 
AGI145 VIT27 INT32 DEX134 LUK80


■ドロップ

頻度高   囚人の腕輪 >>オリデオコンの矢筒>無形の矢筒>
頻度高   Sクロスボウ>Sコンポジットボウ>Sフード >青箱
頻度低   Sタイツ


■行動

9セル以内→スタン攻撃・DS・CA・風属性攻撃
9セル以内でニュマを展開→AS(ニュマ貫通、西に2セルノックバック)
被弾がトリガー→フラッシャー・フリージング・スキッドトラップを足元に置く

通常射程11セル・スキル射程9セル
以上により、10~11セルでニュマを展開することでセシルを完封できる
稀に見えない罠もある為、セシルがいた付近を踏まないようにする

セシルの索敵範囲内に入ると、PowerUP・AGIUPをセットで使用
使用時、各々1秒ずつのモーションディレイが存在する
PowerUPはATK・HITが3倍、AGIUPはAGI3倍・移動速度50%UP
PowerUP30秒・AGIUP60秒で効果が切れる
各々効果が切れた後、60秒は使用不可のようだ

この仕組みから、PowerUPが切れてからニュマ無しで抱えるのも手
非爆裂状態のATKはレイド↑・深遠の騎士↓なので脅威では無い


■殲滅手段

PTだとAGIUP前提に殲滅手段を用意する、つまり必中スキルが必須

1、ファルコンアサルト(FA)
必中・DEF無視の無属性攻撃、プチ阿修羅
ディレイ3秒・消費SP46、連射性とSP効率を除いて非常に優秀
ディレイの関係上、LAと併せ易く・相性が良い
5900以上のFAならば、LAと併せて5セットで確殺できる
15秒の安定を予測できる状況下では、最も適した手段
盾がもてるのも利点、ディレイ中はスキル使用不可なので盾装備が最適

2、通常攻撃(QKC=Cri率+28%、Criダメ+40%)
QKC+土矢で1500ダメ、HDと併せれば十分な殲滅速度を期待できる
スナがセシルのタゲを取ること、それが利点でもあり欠点でもある
スナのHPが10k以上なら、殲滅手段の一つとなるかもしれないが
前衛・支援との呼吸が全てであり、自ら不安定になる必要性は薄い
SP問題もレモンによって緩和され、寧ろ矢消費の問題の方が目立つ
対セシルにおいて、クリ弓を使うのはお勧めできない

3、DS(フラッシャー+QAC(HIT+80))
セシルに対してフラッシャーは有効(成功率2/2)
暗闇時にマミー弓でDSを撃てば、当てられなくも無い
しかし必中とは言えず、特化弓では無い為、威力が軽いのが難点
消費SP・消費矢・重量から見ても、倒すだけならFAの方が使い易い

4、DS(スタン(AGI切れ)+DS)
星入りバッシュと特化弓+土DS、DS10発で落ちる為、最も速い
但し、PT全体の連携が必須な為、しくじった時のリスクも高い
安全を重視するならば、一度タゲを外し、AGIUP切れを狙う
見た目だと、AGIUPの効果の確認が出来ないのが難点か

5、Wサイレンス(40%)+DS
12セル以上からDSを打ち込んだ場合、AGIUPしづらい
Qサイレンス弓+サイレンスアローのDSで沈黙を狙う
確率的には十分実用レベル、但し効果時間はLDに比べ短い
沈黙になったら間髪入れず、特化+土矢DS
サイレンスアローは無属性なので念属性のカトリには効かない
PTで使うとしたら、対セシルのみになるだろう

初弾DSでAGIUPの有無を確認、当たればDS連打
AGIUPしている場合、FAに切り替え
速度アップが切れるまで待つのも手(殲滅役がスナ一人の場合)


■防御手段

スナで、セシルを無効化する術は、

1、サンドマン
睡眠発動率(%) = 基本成功率(%) * (1-対象INT/100)らしい
サンド5の基本成功率は90%
巻き込み倍化があるが、セシルには単体での使用がほとんど
成功率は61.2%、睡眠時間は20秒程度

2、フラッシャー
確率は不明だが、体感で成功率はレベル1でもかなり高い
難点は完全無効化では無く、場の混乱を悪化させることも
暗闇状態になると隣接した場合にのみ、攻撃が飛んでくる。
遠距離から攻撃をした場合、一度だけ通常攻撃の反撃がくる。
セシルの暗闇状態の時間は20秒、後退するときの時間稼ぎにはなる
不確定要素が多いので、使う場面は少ない

3、チャージアロー(CA)
AGIUP中は使えない(除気弾)、セシルを遠ざけタゲを切れる
前衛がノックバックスキル可能ならば、そちらに任せるのが無難
遠距離モブ故非常にリスキーな手段、場が混乱することの方が多いほど
PTが半壊した場合など、瞬時にセシルを遠ざけたい場合のみ使用

4、タゲを切る
最も基本にして、最善の手段
タゲを切っても追い討ちは来ない、抱える必要がある場面は少ない
5秒毎ごとの移動後の索敵範囲内に入らなければ狙撃されることはない


■総評

低VIT・低INT故、状態異常が効果的
セシルの脅威は、単なる数字の大小ではない
殲滅時間で考えるとリヒ3通常モブ中でNO.1、風3必中HIT537
タゲを持つと、行動を制限され、追加湧き時のヒットバックは致命的
ニュマも厄介なもので、移動制限に加え、SWとの排他関係が厳しい

SW封じ+移動(行動)制限、殲滅の長期化による対複数戦率のアップ

肝心なのは、深追いをしないこと
遠距離モブ故、罠を置きに逝って追加オーダーとなることもある
後退しづらい状況ならば、地形を利用することを考えるべきだろう
西壁や小部屋、他PTMの動向、全てに意識を向けることが必要

セシルに狙撃された前衛以外は、無闇に動かないのも重要
ヒットバックにより、適切にニュマを置くのが遅れる為
ASPDが高くハイドも難しい為、後衛は盾を装備して回復を叩くほかない

セシルと交戦→ニュマ展開→カトリorハワード追加→SW不可により決壊
誰しも一度は経験する、リヒPTでの決壊パターンの一つ
前衛がセシルを抱えながら追加を抱える状況、決壊の可能性が高くなる

セシルには、倒した付近に即時に湧くポイントがたくさん存在する
其の地形付近では、倒した瞬間の警戒を厳にする必要がある
距離が取れず、スキル攻撃も頻繁、死亡率が高いパターンの一つ

乱戦時、セシルを瞬時に倒す術がない→いち早く行動不能にする必要性
コノ部分は、既存DではSGでほとんど賄われていたもの
SGが効かないモブで、脅威足りえたものが今まではなかった為
近場湧きに限り、即効性のある高レベルのストーンカースは有効
LDはかなり有効、2回掛ければ沈黙する位の成功率(体感で70%)
セシルの沈黙時間は35秒、射程が6セルなのでタゲをもつと掛けづらい
[PR]
by marisi10 | 2006-07-30 23:59 | Lighthalzen
<< 終幕 摩利支の部屋 後編 >>