摩利支の部屋 後編

結果から述べると、MVPの打倒は叶わなかった
正直なところ、この面子なら細かい作戦無しに倒せると思っていた
私の甘さが一番の敗因だったかもしれない



e0067023_2222735.jpg

e0067023_2223612.jpg

e0067023_2235557.jpg


敗因
タナトスタワーへの二度目の突入時、既に思考能力がゼロに近かった
事前情報が大魔法三種と属性変更のみだった

交戦時間約50秒、今回一番抱えることのできた時間
10回に及ぶ交戦、後一歩のところまでいっていた時も2回あった

取り巻き5体を最も耐久度の高いパラディン、本体をLKが抑える
前衛は本当に良く耐えてくれていた
本体の擦りが難しくなっても、北東壁の利用があれば尚良かった
唯一の心残りは、三人目の役どころを思案しなかったこと
火力補助の役割を考えておけば、倒れていたのは向こうだったはず

念矢26+影矢24を私は撃ち込んでいる、ダメージ量は推定で150k前後
ハイウィズが二人抜けた状況で火力の密度が届いていなかった
交戦時間を縮めることが、耐える時間を縮めることに繋がる

本体を抱えるLKへのフォローの支援が一人だけしかいないことが多かった
大魔法の中、MVPを抱えている前衛を護れる支援の不足
このレベルのMVPになると、SWの切れ目時間の長さが生存に直結する
結果SWの切れ目に前衛がSGでノックバック
追撃にノックバックスキル(バッシュ?)で、前衛が弾き飛ばされる
或いはそのままSW無しで押し切られ、半壊
ここで支援2がLKについていれば、カタナチオ完成だったかもしれない

敗因といっても、所詮結果論に過ぎず、誰に非があるわけでもない

e0067023_22575797.jpg

取り巻きは、タナトスの絶望2・苦悩1・悲しみ1・憎悪1
属性変更を確認、HPがトリガーの模様(次の交戦時念に戻っていた)
苦悩のヒール2736、しばらく時間を置くとHPは満タンまで回復

e0067023_2315137.jpg

DEX160・悪魔特化アーバの念矢DSで3816
全範囲のLOVの威力は大したことはないが、後衛は接敵したら瞬殺
本体の移動速度はかなり速い(おそらく1.5倍速)

感想
面子と作戦と体調、全てがベストならば勝てる見込みがある
100%勝つには、教授とチャンプは必要
幸いMVPは一人でも倒れ、しばらくするとテレポするようだ
お陰で全滅することなく、再チャレンジをすることは難しくなかった

打倒は出来なかったが、とても楽しむことの出来た、有意義な狩りだった
付き合ってくれた方達に、この場で感謝の意を表しておきます

----------

今回をもって、当ブログの定期的な更新は終了とします
リアルの事情で、頻繁な更新が難しくなることが予想される為です
現在リヒタルゼン攻略記事を空いている時間に執筆しています
其れのアップをもって、このブログの更新の完全終了とします

e0067023_2319834.gif

[PR]
by marisi10 | 2006-07-18 00:00 | Diary
<< セシル=ディモン編 摩利支の部屋 前編 >>